エタラビの解約は損です!だからこそ契約には慎重に!

エタラビの解約方法を見てみましょう。

全身脱毛のエタラビの解約は、電話でしか受付していません。
店舗に行って解約は出来ませんから、気を付けましょう。

解約をするときに注意したいことがあります。
・お得が大損に!
エタラビではキャンペーンを行っていて、◯ヶ月無料とか、今だけこの施術料金という宣伝で契約をした場合、解約になると通常料金扱いになってしまいます。

エタラビには総額から施術を行っていない分の料金を引く返金制度はあります。
月額9,500円の全身脱毛コース(2016年7月に行っているキャンペーンです)を契約していた場合、総額は114,000円となりますね。
その都度払いではないので、月額9,500円ではなく、114,000円の分割と考えられます。

もし一回だけの施術で解約をしたい場合は、残りの施術料金は、9,500円のキャンペーン料金ではなくなってしまうのです。
施術をするときには安く提供していますが、返金になると高くなってしまいます。
となると、最初の114,000円よりも高くなってしまうため、返金そのものがされない可能性があります。
また、解約手数料として違約金は20,000円取られます。

・返金はなしが原則
というわけで、やすいと思って契約をするエタラビでは、一回でも施術をしてしまうと返金はなく、違約金だけはしっかりと徴収されると思ったほうが良いです。

月額制プラン、回数制、パックプランなどがありませんから、予約をとった日に確実にキャンセルもせずに通う事ができる人にとっては、エタラビはお得です。

どこの脱毛サロンも解約は歓迎されないことですが、エタラビに関しては、最初の契約時には慎重になるべきでしょう。
クーリングオフには対応してくれますが、これは契約から8日以内に行う手続きです。
まだ、施術もしていないのにわからない、脱毛効果もわからないけれど、といったこともありますね。
契約金額が50,000円以上であれば、可能になりますから、判断をするのなら早めが良いでしょう。

カウンセリングの時に解約の説明もされますが、歯切れは悪そうです。
そして、キャンペーン中の解約に関しては、“ただ損”の顛末になりますから、契約には注意が必要です。

はっきり言うと、エタラビに関しては、解約はしないほうが良い脱毛サロンであり、慎重な判断が必要です。
解約を考える前に、エタラビのメリットを探し、メンタル的にも良いと思える時間を過ごすことが大切です。
エタラビに限らず、こうした“返金を望めない解約”は結構多いです。